玄関まわり

A,「北側に道路がある土地」の場合(土地の北側が道路に面している)●家(建物)が北側。道路に面した位置にくる場合は、庭などのオープンスペースは、建物の南側。つまり建物の奥になります。そうすると、表の道路から見えない位置に庭などのオープンスペースがあるため、夏に子どもたちのプールを置いて水遊びをしたり、気候の良い季節にはバーベキューを楽しんだりと「プライバシーを重視した空間」になります。B・「南側に道路がある土地」の場合(土地の南側が道路に面している)●家(建物)が北側。道路から遠い敷地の奥になる場合、庭などのオープンスペースは、建物の南側。建物の手前になります。そうなると庭などのオープンスペースは、道路に面した開放的な空間として使えることに。で、玄関などのエントランス空間と併せて庭を美しく演出したり、ワンちゃんのお家をつくったり……玄関まわりを広々と開放的な空間にすることができるわけです。その代り、誰に見られても恥ずかしくないよに、いつもキレイにしておく必要があるのは言うまでもありません、ね。どちらが良い!というのではなく、あなたの好みや生活スタイルを考えて決めればいいでしょう。ただ、このことをまったく知らずに土地を購入したあとに、思い描いていた庭ができないということにならないように、しっかりとチェックしておきたいですね。すべき手続きはしっかり行いましょう。←ここのサイトから不動産のリフォームなどに関する知識を得ましょう。

DY048_L

WordPress Themes