CM

次に、CMの元になるフィルムをつくるのに「制作費」というのがかかってきます。これには、おおむね次のような人たちが関わることになります。■CMを企画する人(アイデアや脚本をつくる人)■CMを撮影する場所を探して、手配する人(ロケハンと言います)■タレントの衣装をコーディネイトする人(スタイリスト)■カメラマン■音声さん(いわゆる録音係)■照明さんこの他にも、撮影時間を管理する記録さんやタイムキーパーさん、タレントさんのお世話をする広告代理店の営業の人、などなど..….。さらに、CMの映像を撮影するためのスタジオ代や、ロケ費用などがかかってきます。これらの人たちが、企画から放映まで何ヶ月も関わって、ようやく一つのCMフィルムとなるのです。莫大なお金がかかってくるのが、何となく想像できますね。まず、お客さまに対して「安心感」や「信頼感」を与えることです。テレビという公の場で、誰もが知っている有名人が堂々と「この商品はオススメです!」と宣言しているのですから、それを観る人は「大丈夫なんだ」「いい商品なんだ」という安心感を持つことになります(逆に、売れないタレントを使って「いかにも安い予算で作ってるな-!」というCMも多いですね)・アメリカの場合、有名な俳優やタレントは、まずテレビのCMに出ることはありません。アメリカでは、映画、テレビ、CMなどそれぞれ活躍する場とランクが明確に決まっているのです。その他の不動産、リフォームに関する知識や情報は、←こちらからどうぞ。

DY036_L

WordPress Themes